就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2018年2月末現在の情報です。



「食べること」が大好きで入学した管理栄養学科。1年次から「調理学実習」など、栄養バランスを考慮した献立を考え、つくる授業が多くあり、好きな分野に集中できる環境がありました。なかでも転機になったのは、多様な疾病に対応する献立づくりに取り組む「臨床栄養学実習」です。この授業で栄養補助食品の食べ比べを行った時、味の違いに衝撃を受けました。食事を充分に摂れない人のための栄養補助食品だからこそ美味しさが大切なはず。その想いから、就職先も病態別栄養食品を開発・販売する企業を志望しました。入社後は、NR(栄養情報アドバイザー)として、医療機関や介護施設にさまざまな製品を届けるとともに、現場や患者さまの声を製品づくりに活かす業務を担当します。「予防・治療・介護を通して、一人ひとりのQuality of Lifeの向上に貢献する」という(株)クリニコの理念を体現できるよう、精一杯努力します。