就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2018年2月末現在の情報です。

祖父母の入院がきっかけで高齢者の食事に興味を持ち、「食べることや飲み込むことが難しい人も満足できる食事を提供したい」という想いから、病院で働く管理栄養士をめざして学んできました。チーム医療の一員として医師や看護師と連携するためには、疾病についての専門的な知識が求められます。例えば、「臨床栄養学」の授業では、糖尿病や脂質異常症といった具体的な症例を挙げながら、人体の中で何が起こっていて、どんな栄養をどのように摂取すべきかを習得。また、「応用栄養学実習」では、病気や年齢に合わせた嚥下食(飲み込みやすいよう工夫された食事)を考案し、自ら調理も行いました。こうした授業を通して、病院の管理栄養士に求められる役割を身をもって実感できたように思います。将来は医療現場に立ち、研究にも携わりたいと考え、藤田保健衛生大学病院へ。食を通して患者さんの治療に貢献していきます。