就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2018年2月末現在の情報です。


映像にかかわるさまざまな分野の中から特に映像編集に興味をもったきっかけは、ファッション造形学科が開催したファッションショーでした。ショーに密着したドキュメンタリーを制作することになり、その編集を担当しました。伝えたいテーマは何か。それを表現するための素材選びや順序は適切か。それまでに学んだ内容を駆使して徹底的にこだわり、満足のいく出来となりました。また、授業では自ら企画し、プレゼンテーションをする場面が多くあり、「見聞きしてくれる人にとってどんな情報が有益なのか」という根本の部分を学ぶことができました。今後も「伝える」ということの面白さを味わいたいと、卒業後はテレビ番組の制作を行う(株)東京サウンド・プロダクションへ。バラエティや報道など、ジャンルにかかわらずきちんと「伝わる番組」をつくっていきたいと思います。