メディア造形学部 映像メディア学科

学科概要

幅広さと専門性を兼ね備えた独自の教育スタイルが、従来の概念にとらわれない新しい映像クリエイターを育てる。

映像メディア学科では、まずは映像メディア全般の核となる分野を学び、2年次以降から徐々に絞り込み、専門性を磨いていきます。これにより、映像メディア全体の基礎知識や各分野間の関連性を学びながら同時に高い専門性を身につけることができるため、深い理解に基づくチームワークや複雑なオーダーにも臨機応変に対応できる力=「社会で活躍するクリエイターに求められる力」を養うことができます。

詳しく見る

映像メディア全般の幅広い学び

学びの領域

  • フォト領域

    理論、感性、技術のすべてを一瞬に込め、オリジナルの一枚を生み出す。

    これまで多くの歴史的瞬間を記録し、同時に現在でも広告、雑誌、Webなどさまざまな場で使用され、私たちの生活に最も身近なメディアと言っても過言ではない写真。どんな映像も一枚のフレーム(静止画)から成り立っているように、あらゆる映像表現の要素が凝縮されています。シンプルなメディアだからこそ「何を」「どのように」撮るのか、という表現者の企画力とセンスが磨かれていきます。

  • 映画領域

    映画は総合芸術。一人ひとりの専門性を掛け合わせ、チームの力で作品をつくりあげる。

    いつの時代もエンターテインメントの代表として扱われる映画は、映像、演劇、シナリオ、音楽など、さまざまな分野の芸術を織り交ぜてつくられることから総合芸術とも言われています。そのため、多くのスタッフの協力が不可欠です。一人ひとりが専門的な役割を担いつつ、広い視野でチームワークを円滑に導いていくことで、多くの人々に感動を与える作品をつくりあげていきます。

  • TV領域

    「今」に立ち、「過去」に問い、未来を描くメディアがテレビ。

    情報の多様性、匿名性、そして循環性がテレビの原動力です。ドラマでもドキュメンタリーでもバラエティでも、テレビの原理であるジャーナリズムの視点を磨くことが質の高い番組制作に求められています。そのため、何をどう伝えるのか見極めに重点を置きつつ、未来の問題を提示していきます。

  • CG領域

    誰も見たことのない世界を空想し、視覚的に表現する。

    映画やTVが基本的には撮影した映像を素材としていることに対し、CGはゼロから映像を構築する表現。現実の世界には存在しない独自の世界をつくりだすことが可能です。また、CG単独のアニメーション作品はもちろん、近年では映画やTV番組、ゲーム開発、Webアプリケーションなど、さまざまな分野でのデザインや演出に用いられており、先端表現として今後も大きく発展していく可能性を秘めています。

  • サウンド領域

    無限の可能性を秘めたサウンドの力で、映像表現の印象を自在に操る。

    同じ映像を題材にしても、音声レベルのバランス、そこで鳴らされる効果音や音楽の力で、視覚のイメージを楽しい印象にも悲しい印象にもコントロールすることができます。特にデジタルツールが発展した現在では、つくれない音は無いと言えるほど、自由な表現が可能になりました。映像メディア表現において「音=サウンド」は目には見えないけれど、欠かすことのできない存在なのです。

  • インスタレーション領域

    時間・空間をプロデュースし、新たな表現の世界を切り拓いていく。

    インスタレーションは、映像、サウンドなどのさまざまなメディアを用いて、時間や場所、空間全体を作品として体感させる芸術です。これまでのメディアとは異なり、単に鑑賞するというよりも見たり、聴いたり、感じたり、考えたりといった鑑賞者の行為を引き出す、新しい表現手法です。領域にとらわれない想像力や発想力を駆使し、既存のアイデアを掛け合わせながら、世の中と新しい視点で向き合います。

4年間の流れ

1年次

映像クリエイターの土台となる「映像メディアと造形表現の基礎」を幅広く学びます。

2年次

「フォト」「映画・ビデオ」「CG」「サウンド」の4つの分野から2分野を選択し、得た基礎力を応用力へと発展させる。

3年次・4年次

  • ● 希望する担当教員の指導の下、テーマに沿った研究を行う「ゼミナール」
  • ● 特定の領域もしくは複数の領域で専門性を磨く「領域演習」

想定される将来像

映画、TV、Web、アニメーションなど広がる活躍のフィールド。

  • 映像ディレクター
  • 映像作家
  • 映像ジャーナリスト
  • 写真家
  • コマーシャルフォトグラファー
  • 報道フォトグラファー
  • 映画監督
  • 撮影監督
  • シナリオライター
  • 映画プロデューサー
  • 照明技師
  • 録音技師
  • TVプロデューサー
  • TVディレクター
  • CGデザイナー
  • CGキャラクターデザイナー
  • CGアニメーター
  • ゲームクリエイター
  • Webデザイナー
  • サウンドデザイナー
  • MA(マルチオーディオ)ミキサー
  • サウンドエンジニア
  • メディア・アーティスト
  • 映像研究者
  • 大学院進学 など

カリキュラム

映像メディア学科のカリキュラムはこちら(PDFダウンロード)

特長的な取り組み

インターンシップ

現場でしか学べない、経験を得る。

企業で一定期間働き、仕事内容や職場を体験する「インターンシップ」。教員の独自ネットワークを活かして、希望に合った現場で経験を積むことができます。学ぶ姿勢が格段に前向きになる学生が多いと評判です。

インターンシップ実績

● 映画製作・番組制作現場

  • ・映画「Mr.Long / ミスター・ロン」(監督:SABU/主演:チャン・チェン、青柳翔)
  • ・映画「スカブロ」(監督:矢城潤一/出演:窪塚俊介、RUEED)
  • ・映画「月光」(監督:小澤雅人/出演:佐藤乃莉、石橋宇輪)
  • ・映画「女子校」(監督:山本浩貴/出演:峯岸みなみ、高田里穂)
  • ・映画「少女」(監督:三島有紀子/出演:本田翼、山本美月)
  • ・映画「嫌な女」(監督:黒木瞳/出演:吉田羊、木村佳乃)
  • ・映画「ハピネス」(監督:SABU/出演:永瀬正敏、鈴木裕樹)
  • ・映画「神さまの言うとおり」(監督:三池崇史/出演:福士蒼汰、山崎紘菜)
  • ・映画「藁の楯」(監督:三池崇史/出演:大沢たかお、松嶋菜々子)
  • ・映画「四十九日のレシピ」(監督:タナダユキ/出演:永作博美、石橋蓮司)
  • ・映画「キツツキと雨」(監督:沖田修一/出演:役所広司、小栗旬)
  • ・映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」(監督:中村義洋/出演:竹内結子、阿部寛)
  • ・映画「西の魔女が死んだ」(監督:長崎俊一/出演:サチ・パーカー、高橋真悠)
  • ・映画「ありがとう」(監督:万田邦敏/出演:赤井英和、田中好子)
  • ・映画「デスノート」(監督:金子修介/出演:藤原竜也、松山ケンイチ) ほか

● CM制作現場

  • ・CM 全日空(AOI Pro.制作) ほか

● プロモーションビデオ制作現場

  • ・The Red MAGIC/AK-69(MS ENTER-TAINMENT)

● 放送局・製作会社業務体験

  • ・AOI Pro.、アマナ、ネイキッド、シースリーフィルム、セップ、東京サウンドプロダクション、中日新聞、サン電子、exsa、オイコーポレーション、エス・フィールド、中部日本放送、映像探偵社、松竹、CBCクリエイション、テレビシティ、スタジオ企画、三光、スタジオバク ほか

研究プロジェクト

  • ■ 映画プロジェクト

    劇場用長編映画を製作する。

    「一般で鑑賞される劇場用長編映画を、大学でつくりたい」という学生の情熱が、プロの協力によって実現しました。作品と真剣に向き合ううちに学生は大きく成長していきます。

  • ■ 国際交流プロジェクト

    共通のメディアを学ぶ、異文化の学生との交流。

    ライプツィヒ視覚芸術アカデミー(ドイツ)との国際交流展やLASALLE COLLEGE OF THE ARTS(シンガポール)での国際ワークショップに参加しています。異なる文化的背景で写真や映像、アートを学ぶ学生たちに触れることで視野を広げ、国際感覚を身につけることができます。

主な施設・設備

  • 音響編集室(サウンドスタジオ)

    プロ仕様の設備を完備し、プロフェッショナルレベルのレコーディング、サウンド編集、ミキシング&マスタリング、音響エンジニアリングなど実践的な技術が学べます。

  • 撮影スタジオ

    写真、映画、どちらにも使用できる100㎡のスタジオ。国内外の有名スタジオの設計思想を随所に取り入れ、プロフェッショナルの仕事にも対応可能なクオリティが確保されています。

  • モーションキャプチャシステム

    現実の人物や物体の動きをデジタル的に記録するための装置。3Dアニメーション制作やゲーム開発において、キャラクターの人間らしい動きを再現するために用いられます。

  • ノンリニア実習室

    Adobe社の映像編集ソフト「AdobePremiere」「After Effects」を主に使用し、基礎的なノンリニア映像編集から高度な加工・合成にいたるまで、幅広い用途に対応しています。

資格

目標とする資格

  • マルチメディア検定
  • CGクリエイター検定
  • Webデザイナー検定
  • 舞台機構調整技能士(国家資格)など

PAGETOPへ

人材養成の目的と3つのポリシー

資料請求はこちら

受験生サイトTOPへ