メディア造形学部 ファッション学科

学科概要

「ビジネス+デザイン」の視点でファッションを総合的に学ぶことで、枠にとらわれず、広く活躍できる人材を育成する。

ファッション造形学科では、ファッション業界全体をあらゆる角度から理解したうえで、世の中と結びついたものづくりへとつなげていける力を身につけるため、1年次はコース分けをせず、ファッションビジネス、ファッションデザイン、グッズクリエイト、染色・テキスタイルの4つの領域を総合的に学んでいきます。そして2年次以降、自らの志向に合ったコースやゼミを選び、専門的な技術力、企画力、プレゼンテーション能力を磨きます。卒業後には、商品の企画・開発からバイヤーやデザイナー、スタイリスト、マーチャンダイザーなどの幅広い選択肢はもちろん、ショップ運営のノウハウを持ったデザイナー、ブランディングの観点から商品説明のできるファッションアドバイザー、衣服もつくれるスタイリストというように、幅広い領域で活躍できる人材を育成します。

詳しく見る

[ ファッション造形学科 学びの領域図 ]

学びの領域

  • ファッションビジネス領域

    ファッショントレンドを予測し、戦略的にビジネスを構築する力を。

    「ビジネス」と言うと、高校生のみなさんにとってずいぶん遠いイメージがあると思いますが、「流行」や「トレンド」と言えば身近に感じる人も多いのではないでしょうか。例えば、「流行色」は、2年も前から戦略的に計画されていたり、ユニクロやGAP、H&Mのような「ファストファッション」がブームとなったり、ファッション業界は巨大なビジネスフィールドです。トレンドを予測し、戦略的にビジネスを構築する力は、あなたを幅広い活躍へと導くでしょう。

  • ファッションデザイン領域

    着る人の心を動かそう。新しい流行をデザインしよう。

    本来「ファッション」とは「流行」を意味する言葉です。つまり、ファッションデザインとは流行をデザインするということ。向き合うべき相手は衣服ではなく、それを着る人たちの「気持ち」なのです。そのため今日のファッション業界では、製作技術はもちろん、どんなターゲットにどんな商品が求められているのかを見極め、デザインの根幹となるコンセプト立案から担えるファッションデザイナーが求められています。

  • グッズクリエイト領域

    小物からファッションを見つめ、コーディネートに+αの個性を。

    どんな格好をしようかと考えるとき、衣服はもちろん、アクセサリーやバッグ、帽子など、身につけるものすべてのバランスを考えながらコーディネートすることがみなさんにもあるでしょう。世の中のショップのほとんどが服だけでなく小物類も扱っており、ファッショングッズは、トータルコーディネートに欠かすことができない存在となっています。グッズに強い思い入れを持つ人も多く、コーディネートの中心になる力も持っています。

  • 染色・テキスタイル領域

    オリジナリティを、生地からつくる。ファッションの新たな可能性を切り拓く。

    テキスタイルとは、衣服や帽子、スカーフなど、あらゆるファッションアイテムの材料となる生地のこと。さまざまな素材、色、柄の掛け合わせによってできあがるテキスタイルは、衣服単体の造形の美しさや着心地はもちろん、マーケットの流行までも左右する無限の可能性を秘めています。そして試行錯誤の末に新たに生み出されたテキスタイルは、あなたから発信されたオリジナルの製品となり、唯一無二の衣服づくりへとつながっていきます。

特長的な取り組み

2大ファッションショー

  • 企画、演出、広報から「服」を見つめる大学祭ファッションショー。

    毎年10月に開催する学園祭でファッションショーを行っています。その企画から照明、音響、映像、美術、広報まですべて学生が担当。自分たちでショーをつくる難しさや、達成感を味わえます。1~3年次生が協力しながらショーを成功に導くことにも大きな意義があります。

  • 4年間の集大成「卒業制作展」。卒業論文に基づいた作品づくりと発表。

    それぞれの分野で興味のあるテーマを選び、卒業論文を作成します。論文で取り上げたテーマは、試作・検討を重ねながら作品として発表。プロが演出するファッションショー形式で卒業制作展を行います。またドイツのプフォルツハイム大学との共同開催形式となっています。

  • 海外留学・研修

    世界中に広がる提携校で、最先端のファッションに触れる。

    充実した支援体制の「交換留学」と「派遣留学」2つの長期留学制度やイギリス・ドイツ・フランスなどのヨーロッパ諸国で13日間もしくは25日間の海外研修を実施。また国内のファッションに関連する企業、展示会などの学外研修も数多く実施しています。

  • コンテスト

    プロと競いながら、自分の感性を試していく。

    全国でさまざまなコンテストが実施されるファッション業界。ファッション造形学科では、授業の一環として積極的にコンテストへ参加しています。プロと競うことによって、自らの実力や課題を知ることができます。

  • 直営ショップ

    世界中に広がる提携校で、最先端のファッションに触れる。

    名古屋市内の大須にファッション造形学科の学生がプロデュースしたショップ「nuas fashion shop」があります。店内のディスプレイや商品だけでなく、ショップの立ち上げや販売戦略、商品の仕入れ、ディスプレイ、広告など全て学生の手づくり。実社会の厳しさと手応えを体験できます。

  • 国際交流

    ファッションを学ぶ海外大学生との国際交流。

    ドイツのプフォルツハイム大学、イタリアのベネチア大学トレビゾ校から学生を招き、3ヵ国合同でワークショップを開催しました。異文化の学生から受ける刺激は大きく、視野や表現の世界観を大きく広げることができます。

客員教授・特別講師

一流の考え方は、一流のプロから学ぶ。

業界の第一線で活躍するデザイナーやファッション関係者を招いての講義。プロの考え方に触れられる貴重な機会でもあります。

客員教授 田山 淳朗/近藤 保/畠山 巧
特別講師 宇津木 えり/丸山 敬太/ひびの こづえ/藤岡 篤子/皆川 明/森永 邦彦/堀畑 裕之

4年間の流れ

  • 1年次

    基礎力の向上。

    ビジネス、デザイン、技術、歴史などファッション全般について広く学習し、今後の専門領域のベースとなる知識を身につけます。また人間工学についても実践的に学びます。

  • 2年次

    基礎力から応用力への発展。

    1年次の基礎的な学びを基に興味対象を絞り、ビジネスコース、デザインコース、バッグや靴などの身の回りのものを学ぶクリエイティブコースのいずれかに軸足を置いて研究学習を進めます。また、テキスタイルデザインは関連分野と位置づけ、並行して学びます。

  • 3年次

    専門性の追究。

    少人数教育のゼミナールを主体に、ファッションビジネス・ファッションデザイン・テキスタイルデザインなどの高度な専門領域を展開。4年次の卒業研究へと発展させていきます。

4年次

4年間の集大成となる、作品や論文づくり。

ビジネス、デザイン、技術、歴史などファッション全般について広く学習し、今後の専門領域のベースとなる知識を身につけます。また人間工学についても実践的に学びます。

想定される将来像

商品の企画・開発から、デザイナー、バイヤーまで、広がる活躍のフィールド。

  • ファッションデザイナー
  • オートクチュールデザイナー
  • パタンナー
  • テキスタイルデザイナー
  • 商品企画・開発
  • ファッション雑誌記者・編集者
  • プレス
  • アクセサリーデザイナー
  • バッグデザイナー
  • 靴デザイナー
  • クリエイティブディレクター
  • ファッションバイヤー
  • マーチャンダイザー
  • ショップ経営・運営
  • スタイリスト
  • ファッションアドバイザー
  • ファッションコーディネーター
  • 広告デザイン
  • 大学院進学 など

カリキュラム

ファッション造形学科のカリキュラムはこちら(PDFダウンロード)

主な施設・設備

  • ファッション造形CAD室

    業界で最も評価されているデザインシミュレーション・ソフトを使って、バーチャルコーディネートやパターンメーキングなどを行います。最新大型プリンタやカッティングプロッターなどの機器も充実しています。

  • 撮影スタジオ

    プロフェッショナルの仕事にも対応できる100㎡の撮影スタジオ。衣服をつくるだけでなく、より良く見せるための演出の一環として、照明や撮影機材を用いたファッション撮影を行っています。

  • デジタルメディア室

    世界的にも評価の高いホールガーメント横編機や国内外のアパレルメーカーが導入している捺染機を導入。本格的な製品製作に取り組めます。

  • nuas fashion shop

    ファッション造形学科が運営するショップ。学んだ知識を活かし、実践経験を積むことができます。

資格

取得できる資格

  • 衣料管理士(1級・2級)

目標とする資格

  • ファッションビジネス能力検定
  • 色彩検定(R)
  • パターンメーキング技術検定
  • ファッション販売能力検定
  • TES(繊維製品品質管理士)など

PAGETOPへ

資料請求はこちら

受験生サイトTOPへ