メディア造形学部 デザイン学科

学科概要

学びながらじっくりと進路を選択し、幅広さと専門性を兼ね備えたクリエイターをめざす。

デザイン学科では、業界全体を見渡せる幅広い視野を養うため、1年次で基礎力をしっかりと身につけた後にコース選択を行うので、学生一人ひとりが納得のいく進路選択ができます。また、コース選択後にも各専門分野に特化した教員陣がしっかりとサポートを行っているため、特定の専門性をより深く追究できます。興味や熱意はあるけれども、具体的な進路は学びながら決めたい、という方はもちろん、すでに具体的なイメージが固まっている方にとっても、幅広さと専門性を兼ね備えた学びの経験が、あらゆる世の中のニーズに対応できる力となり、実社会での活躍の場を広げてくれるでしょう。

詳しく見る

平面・立体含めた幅広いデザインの基礎を学ぶ

コース概要

ビジュアルコミュニケーションデザインコース

「なに」を「どう」伝えれば、人の心が動くのかを考えるコミュニケーションデザイン。

単独では意味をなさない単語が、文章として構成されることで相手に伝わるコミュニケーションとなるように、ビジュアル表現においてもそれぞれの要素の性質や目的を理解したうえで、相手に伝わるように意図的に構成される必要があります。本コースでは、デザインにかかわる表現手法や歴史、考え方を学ぶことでその構成力を高め、トータルデザインとしてのブランディングから広告やパッケージ、サイン計画、Webなどの幅広い領域を学んでいきます。

デザインプロデュースコース

サービス、イベント、体験…新しい視点で世の中を見つめ、チームを率いて「こと」づくりに取り組むデザインプロデュース。

製品や商品などの「もの」を魅力的に整えるだけでなく、サービスやイベント、システムといった、目に見えない「こと」にまでクリエイターの活動の範囲は広がっています。そこで本コースでは、企業や自治体、団体、市場(マーケット)などを舞台に潜在的な課題を発見し、企画から提案にいたるプロジェクトのプロデュースに取り組みます。従来のデザイナーやクリエイターが専門分野のスペシャリストであるのに対し、彼らをつないでプロジェクトを実行する人材をめざします。

スペース・プロダクトデザインコース

「もの」をデザインする前に、「人」を考えることからはじまるスペース・プロダクトデザイン。

建築、住宅、インテリア計画などのスペースデザインと、自動車や鉄道などの乗り物、家電製品や生活用品などのプロダクトデザインをそれぞれ学んでいきます。さまざまなものや空間の企画・設計を行いますが、4年間でそのすべてをカタチにすることは不可能です。そのため、ただ単にスキルを身につけるのではなく、デザインの根本的な役割を知り、ものや空間にはどういう機能が必要か、ということに目を向け、あらゆるものや空間に活用できる、応用力を身につけていきます。

学びの特長

社会で活躍できるデザイナーは、表現のプロでありコミュニケーションのプロでもある。社会との接点で、その実践力を高めていく。

食器、家具、電化製品、自動車など、身の回りの生活用品。商品のパッケージや広告、書籍、WEBなどの視覚情報。また、住宅建築、インテリア、商店街や公園などの空間や地域。さらには目に見えない仕組み、イベントなどの体験に至るまで、挙げればキリがないほど、世の中にはさまざまな種類のデザインの仕事があります。しかし忘れてはならないのは、それらのデザインには、すべて依頼主と利用者(消費者)がいるということ。デザイナーには、依頼主や利用者の声に耳を傾け、問題を発見し、どう解決すればよいのかを導き出すことが求められます。デザイン学科では、観察力や発想力、構成力、伝達力などデザインの基礎はもちろん、企画力、表現力、展開力、協調性を備えた専門的スキルの習得と、総合的なコミュニケーション能力を獲得できる実践的な教育環境を用意しています。

  • ■ 社会で活躍できるデザイナーに求められる力

  • ■ 社会との接点  ①

    社会の一員として実践経験を積む「産官学協同プロジェクト」

    企業や自治体が抱える課題に対し、濃密なコミュニケーションを重ねながら解決法を探ります。「企画力」「表現力」「プレゼンテーション能力」といった学内で身につけた力をより実践的に高めていく場であり、自身のキャリアイメージを具体的にするための就業体験・自己分析の場でもあります。

  • ■ 社会との接点  ②

    社会に向けた学外展示会「コンタクト展」

    広告代理店、メーカー、デザインプロダクションなど、さまざまな分野の方々が訪れる学外展示会です。3年次までに学んだ成果、そして自分自身を社会に向けてプレゼンテーションすることで、自身の長所や短所を確認し、4年次の就職活動や卒業制作の方向を見定めます。

  • ■ 社会との接点  ③

    海を越えた同世代との交流「国際交流ワークショップ」

    韓国や中国、台湾の学生とのワークショップを通じて、学生同士の国際交流が盛んに行われています。異なる文化・環境で育った同世代の学生から受ける刺激は大きく、お互いが成長し合える場となっています。

  • ■ 社会との接点  ④

    プロと肩を並べて受賞を狙う「コンテスト」・表彰制度

    授業の一環として、グラフィックデザイン、インテリアデザイン、プロダクトデザインなど、さまざまなジャンルのコンテスト・表彰制度に参加しています。プロを抑えて受賞する学生や、受賞したことでその後の道が開かれた学生もいます。

想定される将来像

広告デザイン、空間デザイン、プロダクトデザインなど広がる活躍のフィールド。

広告・グラフィック系
  • クリエイティブディレクター
  • アートディレクター
  • グラフィックデザイナー
  • CMプランナー・CMディレクター
  • パッケージデザイナー
  • イラストレーター
  • その他関連業界の専門職、一般職
出版・印刷系
  • エディトリアルデザイナー
  • ブックデザイナー(装丁)
  • DTPオペレーター
  • その他関連業界の専門職、一般職
Web・インターネット系
  • webプロデューサー・ディレクター
  • webデザイナー・コーダー
  • コンテンツデザイナー
  • ユーザーインターフェースデザイナー
  • インタラクションデザイナー
  • その他関連業界の専門職、一般職
ユーザー体験・サービスデザイン系
  • メディアプロデューサー
  • イベントプロデューサー
  • クラウドソーシングプロデューサー
  • コミュニティデザイナー
  • ユーザーエクスペリエンスデザイナー
  • その他関連業界の専門職、一般職
建築・空間・ディスプレイデザイン系
  • 建築士
  • 建築デザイナー
  • インテリアデザイナー
  • 空間演出・ディスプレイデザイナー
  • 店舗デザイナー
  • 家具・照明デザイナー
  • その他関連業界の専門職、一般職
プロダクト・インダストリアルデザイン系
  • 生活用品・文具デザイナー
  • 家電・情報機器デザイナー
  • トランスポーテーションデザイナー
  • レジャー・スポーツ用品デザイナー
  • 医療・福祉機器デザイナー
  • 産業機器・オフィス用品デザイナー
  • キッズ用品デザイナー
  • その他関連業界の専門職、一般職
その他
  • 漫画家・アニメーター・作家
  • 大学院進学 など

カリキュラム

デザイン学科のカリキュラムはこちら(PDFダウンロード)

主な施設・設備

  • デジタル工房

    印刷会社などでも使われている高性能スキャナーでの画像入力機器や立体物にも対応した大型プリンター、大型カッティングマシーンなどを設置しています。

  • メディア造形学部工房棟

    陶芸室、塗装室、金工室、クレイモデル室、版画室があり、集中講義や専門分野における実習を行います。レーザー加工機、3Dプリンタ、3D掘削機、真空成型機などの専門的な機械工具を完備しています。

  • 木工室

    大型木工機械も導入し、本格的な作業が可能。技手が安全面や技術面、デザイン面でもきめ細やかに指導します。〈設備・機器〉横切盤、自動一面かんな盤、木工旋盤、バンドソー、ベルトサンダー など

  • メディア造形学部nuasギャラリー

    メディア造形学部A棟に設置されたギャラリー。学生や教員の作品展示、イベントなどで使用されます。

資格

取得できる資格

  • 二級建築士 ※受験資格

目標とする資格

  • CGクリエイター検定
  • Webデザイナー検定
  • インテリアコーディネーター
  • ユニヴァーサルデザイン検定
  • プロダクトデザイン検定 など

PAGETOPへ

人材養成の目的と3つのポリシー

資料請求はこちら

受験生サイトTOPへ