就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2017年2月末現在の情報です。

「看護学実習」や「救急処置」の授業では、毎回具体的なケガや病気を想定し、最適な声掛けや処置の方法を実践しながら学びました。さまざまな症状への対処法が身につき、3年次の現場実習には自信を持って挑戦。しかし、実際に子どもたちを前にすると戸惑うことが多く、養護教諭からさまざまなご指導をいただきました。現場力の足りなさを痛感し、実習後も継続して同じ小学校に通わせてもらうことに。さらに中学校でのボランティア、学童保育でのアルバイトも始めました。すると、各年代で起こりやすい病気やケガ、こころの問題は全く異なることがわかり、大学で学ぶ年代ごとの心身の発達の知識がいかに大切かに気づきました。この経験を通して、より幅広い年代の子どもたちの力になれる養護教諭になりたいと考え、小、中、高、特別支援学校を対象とする岐阜県での採用をめざしました。「辛い時も保健室に行けば安心」。子どもたちにそう思ってもらえるような養護教諭になるのが目標です。