就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2018年2月末現在の情報です。

こころのケアができる養護教諭になりたいと思い、心理学関連の科目が充実した名古屋学芸大学に入学しました。「心理学概論」では、こころの働きを基礎から学び、子どもの不安を和らげるような話し方や態度を習得しました。また、「教育相談とカウンセリング」の授業では、子ども役とカウンセラー役に分かれて教育相談を模擬体験。対話の進め方だけでなく「どんな悩みを聞いてほしいのか」と、子どもの目線に立ってカウンセリングすることを学びました。これらを教育現場で実践できたのが養護実習です。保健室登校の子どもがいたのですが、普段の様子から、学校に興味を持てばきっと教室に入れるはずと感じて、校内探検を提案。結果、実習最終日には私と一緒にクラスで給食を食べてくれました。これからも子どもの内面を理解し、支えられる養護教諭でありたいと思っています。