就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2016年2月末現在の情報です。

幼稚園実習では4歳児を担当しました。この年代は、思いきり身体を動かすことが大切な時期。そこで遊びの時間に遊戯室を走り回る忍者ごっこを提案すると、子どもたちは大喜び。担任の先生からも褒めていただきました。この体験から、幼児を対象とする幼稚園が自分に向いていると感じ、幼稚園教諭を志望しました。刈谷市を選んだのは、市立幼稚園の数が多いことに加え、子育て支援が活発に行われていたからです。また、大学では子どもケアセンターの託児ボランティアに参加していたので、保護者の方の悩みを聞く機会も多く、力になりたいと思っていました。就職後は、子どもたちにダイナミックな遊びを提供するとともに、保護者の方に向けた子育てイベントや勉強会なども行っていけたらと思っています。