ヒューマンケア学部 子どもケア学科 子どもケア専攻 子ども心理コース

コース概要

心理学全般を学びながら、心理に強い小学校教諭・幼稚園教諭をめざす。

目に見える行動の裏側には、必ず目に見えない「こころ」が潜んでいます。その「こころの動き」を理論的に分析・解釈するのが心理学という学問です。子ども心理コースでは、心理学の基礎から応用までを幅広く学び、さらに子どもの心理にスポットをあてて究めていきます。昨今では、子どもをとりまく環境が大きく変化し、家族や友人との関係のなかで、不安な気持ちを抱えて生活している子どもも少なくありません。そこで、子どもの心理に関する専門知識・スキルと、子どもをトータルケアできる力を持った人材が社会で求められています。子ども心理コースでは、乳幼児から青少年までの多感な時期の心理に強い小学校教諭・幼稚園教諭を養成します。

学びの特長

心理学を学びの中心に据えながら、子どもの「こころ」と「からだ」を正しく理解する。

子どもの心理を究めるためには、子どもの「こころ」と「からだ」について正しく理解することが不可欠です。そこで、子ども心理コースが属する子どもケア学科では、子どもたちの健全な心身の発育をケアできる知識やスキルを、論理的かつ実践的なアプローチで学んでいきます。子どもをトータルにサポートできる幅広い力を身につけながら、子どもの心理について専門性を深めていける学びが大きな特長と言えます。

■  心理学領域の学び

知的発達や人間関係を心理学的にひも解き、カウンセリングマインドを磨いていく学び。

子ども心理コースで学ぶ心理学は、1年次の基礎科目からスタートし、2年次から専門性の高い学びへと幅を広げていきます。具体的には、まず心理学概論で基礎知識を固めたうえで、社会心理学、認知心理学、家族心理学、臨床心理学など、より専門的な分野へと学びを深めていきます。特にそのなかでも、「感覚、記憶、思考、言語」などの知的な機能がどのように発達していくかという「知的側面」と、人が社会の中でさまざまな対象とどのようにしてかかわりを築いていくかという「関係性側面」に軸を置いて学んでいくことが本コースの特長です。

これらの学びの中で、相手の人間性を尊重し、価値観や行動に共感を持ち、その心理状態を的確に理解したうえで、相談者が抱えるさまざまな問題の解決に貢献しようとする姿勢、いわゆるカウンセリングマインドを養っていきます。心理学全般を学ぶことで、子どもだけではなく、大人も含めた「人」を対象とした心理的アプローチや支援ができる知識やスキルを身につけます。また、認定心理士の資格を取得することも可能です。

■  子ども学(子どものとらえ方)を軸とした7領域の学び

幅広い学びを通して、 社会に求められる多角的な視点と実践力を養う。

子どもを取り巻く環境の多様化や複雑化により、心理的サポートを必要とする子どもが増えています。そこで、子ども心理コースでは、さまざまな状況や場面で子どもを十分に支援できる力をつけるために、子ども学(子どものとらえ方)をベースにした諸領域(心理学含む)を幅広く学んでいきます。これからの社会に求められる、多角的な視点と実践的な知識・スキルを併せ持ち、「子どもを心理側面でサポートできる人材」を育成していきます。

カリキュラム

幼児保育専攻のカリキュラムはこちら(PDFダウンロード)

資格

取得できる免許状・資格

  • 社団法人日本心理学会 認定心理士
  • 小学校教諭一種
  • 小学校教諭二種および幼稚園教諭二種
  • レクリエーション・インストラクター

※所定の科目・単位を修得することにより取得可能。

主な施設・設備

  • 心理学演習室

    「子ども人間関係」などの授業で使用。ゼミナールなどでも使用する。

  • 心理学実習室

    カウンセリングのできる模擬面談室を併設している。「臨床心理学」などの授業で使用。

  • 情報演習室

    48台のコンピュータを設置。授業時間以外は、学生は自由に使用できる。

  • 講義室

    約300人を収容する大講義室。講演会などにも利用される。その他中小の講義室がある。

オーストラリア研修(学科共通海外研修)

グリフィス大学  -オーストラリア-

実際に現地の子どもたちと触れ合える、海外の教育現場の体験学習。

春休みを利用して、約1ヵ月間の海外研修を行っています(参加は希望者のみ)。研修先はオーストラリアのグリフィス大学。英会話の講義をはじめ、現地の教育制度や子どもケアに関する知識を深め、保育所などで体験学習も実施。ホームステイを通じて日本との生活習慣の違いも実感できます。

PAGETOPへ

人材養成の目的と3つのポリシー

資料請求はこちら

受験生サイトTOPへ