就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2018年2月末現在の情報です。

食事と病気の関係を専門的に学ぶきっかけとなったのは「疾病の成り立ち」という授業でした。疾病によっては摂るべきでない栄養素があることを知り、興味を持ったのです。また、3年次の「臨床栄養学実習」では病気や症状に合わせたメニューを考案。同じ肉でも部位を選ぶことで脂質を抑制できるなど、摂る栄養に制限があっても工夫次第で毎日の食事を充実させることができる。この手助けをするのが管理栄養士の役割なのだと実感したのです。ゼミナールで病院を訪問し、患者さんにお話を伺ったとき、実習での学びを思い出しました。病気で苦しんでいるときだからこそ、食事を楽しみにしてほしい。こうした想いから名古屋第一赤十字病院を卒業後の進路に選択しました。今後はさらに知識を高め、チーム医療の一員として患者さんの力になりたいと思います。