就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2017年2月末現在の情報です。

2年次の時に、ボランティア情報の提供や、活動の支援をしてくれる「サービスラーニングセンター」が学内に新設されました。大学生活をもっと充実させたいと考えていた私は、サービスラーニングセンターを活用し、東北の復興支援インターン活動に参加。いちご農家で1週間お手伝いをさせていただき、幅広い年代の方と交流を深めることができました。ボランティアがきっかけで率先して動く大切さを学べたように思います。3年次には病院実習で、管理栄養士の業務を経験しました。病気やケガで入院している方へのサポートを実践するなか、管理栄養士としてもっと患者さんの役に立ちたいという気持ちも芽生えました。例えば、病態をチェックして、食事の側面から治療方法の提案もできるはず。大学での4年間食べ物が健康に及ぼす影響や役割をしっかりと学んできました。管理栄養士の立場からこうしたことを率先して発信し、医師や看護師と協力しながら患者さんのために行動していきたいと思います。