就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2017年2月末現在の情報です。

大学では、勉強はもちろん、学生にしかできないことを積極的に経験して人として成長したい。そう考え、弓道部部長、オープンキャンパスの学生運営スタッフなどに挑戦しました。その一環として2年次に参加したアメリカ研修では、医師らと同等に治療に取り組むRD(米国登録栄養士)の存在感に驚嘆。栄養の多様な知識を患者さんに提供し、最終的には本人に選択させる栄養指導などはとても参考になりました。そうした経験を踏まえ、3年次の病院実習では、大規模な大学病院で患者さんの個別対応に奮闘する管理栄養士との出会いがありました。「食べてもらうまでが我々の仕事」と、忙しいなかでも患者さんのもとへ足を運び、会話をしながら食べやすい食材や形態を探るその姿に、自分のめざすべき道が見えた気がしました。希望の就職が叶ったのは、こうした幅広い経験が評価されたからかも知れません。将来は、患者さんの思いを何より大切にできる管理栄養士をめざします。