就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2016年2月末現在の情報です。

名古屋学芸大学では、1、2年次までに食や栄養の基礎を学び、2年次後半から実践的なカリキュラムを履修します。それと並行して、病院や学校などへの実習もスタート。職場を疑似体験するなかで今までの学びを再確認し、将来のキャリアを意識するきっかけとなりました。私にとって強く印象に残っている授業は「栄養カウンセリング」です。相手の言葉を傾聴し、それに合わせてアドバイスを行うコミュニケーション能力が養われたと思います。この重要性を実感したのが保健所での実習でした。健康相談に訪れた方に対して、管理栄養士自身の言葉で知識を伝えることで、理解と安心感を与えられるのだと知りました。徐々に企業の商品を通じてより多くの方に役立つ健康サポートをしたい、という気持ちが生まれ、明治への入社を志望。今後は病院や福祉施設で食品を紹介する業務につきながら、患者さんや入居者さんに寄り添い、支えていきたいと思っています。