就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2015年2月末現在の情報です。

完璧な栄養指導よりも、実現可能な提案を。
患者さんをやる気にさせる管理栄養士になりたい。

医療に興味があり、かつ食べることが大好きな私。管理栄養士はその両方を活かせる職業として、中学生の頃からの憧れでした。ですから授業でも「臨床栄養学」や「カウンセリング」などに特に力を入れ、2年次には三重県の病院で糖尿病の患者さん向けのバイキング形式のメニュー考案・調理・提供を行う有志の活動にも参加しました。自分で考えながら選んで栄養を意識してもらうのが狙いで、実際に患者さんたちも「選べるから楽しい」と喜んでくれました。またアルバイト先のラーメン店では、偏った食事と運動不足で肥満に悩む店長に、無理なく実践できる食習慣をアドバイスし、減量を成功させたことも。ただ知識を伝えるのではなく、相手をやる気にさせることがいかに大切かを、身を以って学びました。就職活動ではより幅広い症状の患者さんの役に立ちたくて、総合病院を選択。面接で伝えた「患者さんをやる気にさせる管理栄養士」になることが、就職後の最初の目標です。