管理栄養学部 管理栄養学科

学科概要

管理栄養士養成大学として、入学から国家試験合格、卒業後の活躍までを支えることが本学の役割だと考えています。

管理栄養士国家試験において、毎年「全員受験・全員合格」を目標に掲げ、高い実績を残している名古屋学芸大学では、さらに次のステップとして、学生一人ひとりが早い段階から将来を意識し、そこに向けた学びを深めていけるよう、3年次後期のカリキュラムに「キャリア支援分野」を設けています。「医療機関」「福祉施設」「教育機関」「行政機関」「食品メーカー」「大学院進学」といった将来のフィールドに直結する学びの領域を選択制として受講することで、重点的に専門性を高めていきます。国家試験合格はゴールではなく、あくまでもスタート地点。“管理栄養士になる”ためではなく、“活躍できる管理栄養士になる”までをサポートすることが、大学の役割だと私たちは考えています。

学びの特長

充実した医療領域の学びが、医療・福祉、教育、行政、食品業界まで管理栄養士をあらゆるフィールドへ。

どのような職場でも、人の生命や健康を守っている管理栄養士には、医療の知識やスキルが強く求められます。つまり、充実した医療領域の学びによって管理栄養士の根本を深く学んでいくことで、あらゆるフィールドでの活躍を後押しする応用力を磨くことができるのです。

医療領域の学び あらゆる分野に応用できる管理栄養士の核となる力
  • 医療機関での活躍をめざす学び

    医療チームの一員としての管理栄養士になるための専門性と実践力を身につける。

    医療チームの一員としての管理栄養士になるための、専門性と実践力が身につく、名古屋学芸大学独自の科目を設定。国家資格の取得のみを目的とするのではなく、その先に広がる医療現場で求められる知識と技能の習得に主眼を置いています。また「臨床実習」を重視することで、理論と実践のバランスの取れた質の高い人材の育成をめざしています。

  • 教育機関での活躍をめざす学び

    「食育」の専門家である「栄養教諭」になるために、教員としての資質を徹底的に養う。

    国語や社会の授業と同じように、教員として「食育」を担うのが栄養教諭。今後、全国の小・中学校で活躍が期待されています。管理栄養学科では教員採用試験にも対応した専用カリキュラムを用意し、毎年多くの合格者を輩出しています。

  • 行政機関での活躍をめざす学び

    地域住民の健康維持・増進を目的とした「分析・戦略・実施・評価」の力を養う。

    保健所や保健センター、検疫所などの行政機関で働く管理栄養士に必要な、地域住民の健康維持・増進を目的とした「分析・戦略・実施・評価」が行える能力や、「一次予防」の観点と広い視野を持って地域の栄養計画を作成できる力を養います。

  • 福祉施設での活躍をめざす学び

    さまざまな福祉施設の基準に合わせた「栄養ケア・マネジメント」の力を磨く。

    乳幼児、高齢者、障がい者などを対象としたそれぞれの福祉施設における、明確な基準に合わせた栄養計画を立てる力=「栄養ケア」を社会で即実践できる力を養います。

  • 食品メーカーでの活躍をめざす学び

    「医療」と「食品」の両分野を幅広く学び、食品メーカーなどの企業で通用する力を身につける。

    消費者が口にする食品を製造する企業にも、管理栄養士が活躍するフィールドが広がっています。特に特定保健用食品や機能性食品などの開発、品質管理などの部門で求められる能力を幅広いカリキュラムを通じて養います。

カリキュラム

管理栄養学科の「学びの体系図・カリキュラム」はこちら

国家試験対策

知識の定着を図る独自の「講義」テクニック

教育効果の向上を図るため、教員が連携。1つの教科書で基礎科目と専門科目を学ぶ。

大学では通常、科目ごとに教員も教科書も異なりますが、管理栄養学科では異なる講義で同じ教科書を使うという試みをはじめました。これにより、例えば「生化学の授業で学んだこの内容は、疾病学のこの部分と関係するんだ」というように、知識が結びつき、理解度が格段に深まります。

エイジ・ミキシング

後輩に教えることで、知識の定着を図り高い国家試験合格率を支える。

3年次生2人が1年次生3人を担当して、授業でつまずいた所などを教えるという取り組みが「エイジ・ミキシング」。国家試験は1・2年次生の内容から8割出題されると言われており、後輩に教えることで自分の理解を高めて試験対策に活かすことがねらいです。

国家試験対策講座

スペシャリストによる独自の対策プログラム。夏・春休み期間、試験直前の対策講座は、全教科にわたり全教員が担当。

4年次前期から開講する国家試験対策講座では、複数の教員によるオムニバス形式で出題範囲を総合的に網羅します。模擬試験や個別指導を試験直前まで実施し、その結果を講座に反映するため、きちんと受講すれば合格に近づける内容となっています。

管理栄養士国家試験最新実績はこちら

資格

取得できる免許状・資格

  • 管理栄養士(受験資格)
  • 栄養士(取得資格)
  • 栄養教諭一種
  • 食品衛生監視員(任用資格)
  • 食品衛生管理者(任用資格)
  • 健康食品管理士(受験資格)

※任用資格:企業・機関などが採用の条件とする場合があるが、管理栄養学科のカリキュラムを履修すれば取得できる。

海外研修

  • カリフォルニア大学デービス校(UCD) -アメリカ-

    名古屋学芸大学のためにつくられた特別カリキュラムで、全米トップレベルの栄養学を学ぶ。

    米国登録栄養士(Registered Dietitian, RD)養成で全米屈指の実績を誇るUCDで、独自に企画された専用カリキュラムを開講。同大学の教授陣に加え、全米トップクラスのRDの講義を受けることによって、世界レベルの知識や考え方を学ぶことができます。

  • グリフィス大学  -オーストラリア-

    管理栄養士先進国で直に学び、日々の異文化交流では人間性を養う。

    管理栄養士が医療・福祉現場で重要な役割を果たしているオーストラリアで、健康や身体にかかわるさまざまな学部の専門家による講義を受けることができます。また、ホームステイ生活や老人福祉施設の訪問を通じ、相手を思いやる気持ちやコミュニケーション力を育みます。

主な施設・設備

TOPIC

最新設備を備えた実習棟を新たに設置!

「臨床栄養」「栄養教育」「給食管理」といった管理栄養士に必要な実験・実習の最新設備を備えた実習棟を新たに設置しました。

  • 栄養管理プロセス演習室(臨床栄養学実習室)

    「健診エリア」「演習エリア」「調理エリア」をひとつながりの教室として配置。病院で働く管理栄養士の一連の仕事がすべて実践できます。

  • ドラフト室

    揮発性の酸・有機溶媒や細菌検査のための培養などを行います。

  • 動物飼育・解剖室

    常に一定の温度・湿度に保たれ、12時間ごとの明暗サイクルになっている飼育室内。さまざまな栄養素や食品成分の体内での動きを、ラットやマウスで実験・分析します。

  • 医療福祉実習室

    高齢者などの介護、介助方法を学ぶ実習室。ベッドや車いす、食事の際の補助具、応急処置・救命トレーニング用マネキンなどを使いながら、救命、介護、介助のシミュレーションを行います。

PAGETOPへ

資料請求はこちら

受験生サイトTOPへ