COLLABORATION

学外コラボレーション事例を紹介! ○○○○×管理栄養学科

(株)八百彦本店×管理栄養学科

(株)八百彦本店、本学デザイン学科とオリジナルのお弁当を開発!

(株)八百彦本店と学食メニュー開発などを行うサークル「Canteen(カンティーン)」が連携し、本学および姉妹校 名古屋外国語大学のオープンキャンパスで配布するお弁当を協同開発しました。パッケージデザインを本学デザイン学科の学生が手がけ、来場者への「おもてなし」を表現。計約10,000食を来場者に配布しました。さらに好評だったお弁当は、パッケージデザインや内容を改良し、期間限定商品としてジェイアール名古屋タカシマヤでも販売されました。

フルーツライフ(株)×管理栄養学科

アレルギーを持つ子どもたちにも安心して食べられるデザートをフルーツライフ(株)と協同開発しました。

「今までにないカレーうどんを通じて、名古屋の新名物を発信できないか」という(株)若鯱家、名古屋青年会議所からの声をもとに始まった商品開発プロジェクトです。コンセプト段階から打ち合わせを重ね、名古屋名物のカレーうどんとタイ料理のトムヤムクンを融合させたメニュー「トムヤムクン風カレーうどん ~八丁味噌ソース入り〜」を開発。スパイスの効能によりダイエットに関心の高い健康志向の女性に向けたメニューとして20以上の若鯱家店舗で販売されました。

フルーツライフ(株)×管理栄養学科

アレルギーを持つ子どもたちにも安心して食べられるデザートをフルーツライフ(株)と協同開発しました。

管理栄養学科 応用栄養学研究室の学生と、学校給食や病院にカットフルーツを提供する食品会社「フルーツライフ」が食物アレルギー対応デザートを共同開発しました。3大アレルゲンといわれる卵、乳、小麦を使わず、豆乳や米粉などの代替食品を使用しています。開発に協力した、アレルギーの子どもを持つ親の会「ぷちヴェール日進」の参加者からは「みんなで安心しながらおいしく食べられるのはありがたい」といった感想が寄せられています。2015年3月より、「あんしんがとう」ブランドとしてオンラインショップでも販売されています。

(株)ヤマトミ (株)クリニコ×管理栄養学科

(株)ヤマトミ、(株)クリニコ(森永グループ)との共同開発で宮城県産の魚を使った介護食を商品化!

宮城県の水産加工会社(株)ヤマトミでの復興支援インターンに参加した学生たちが、同社に対して介護食を提案。それらが復興庁に出向していた森永乳業の社員の目に留まり、(株)クリニコ(森永グループ)と連携して商品化をめざすことになりました。商品化を予定しているのは「宮城のアナゴの卵とじ」「サバ団子の和風クリーム煮」「サバの味噌煮」の3品。これらは介護食である一方、非常食でもあるため、厳しい品質基準をクリアするための検査・検証が進められています(2015年10月現在の情報です)。

(株)ココストア×管理栄養学科

(株)ココストアとの協同開発でフルールライフ(株)と協同開発しました。

「おいしく食べられる健康」という「ヘルシーCoco」の考えの下、「ヘルシーパン」というテーマで学生からアイデアを募集。第一弾として林 智美さんが考案した「きなこ豆乳あんぱん」、第二弾として伊藤 舞さんが考案した「まっくろくろパン」が商品化され、東海地区の多くの店舗で販売されました(第二弾は九州地区でも販売)。学生の斬新なアイデアと、栄養と健康に関する科学的根拠に基づいた企画は、ビジネスの場でも高く評価されています。

  • 第一弾「きなこ豆乳あんぱん」は、中日新聞(2013年11月19日付朝刊)でも紹介されました。

  • 第二弾「まっくろくろパン」の発売日には、発案者の伊藤さん自身が店頭に立ち、商品PRを行いました。

  • 管理栄養学科TOPへ
  • 資料請求
受験生サイトTOP
pagetop