就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2018年2月末現在の情報です。

映像メディア学科では、フォト、映像、CG、サウンドなど、幅広い領域を学べることに加え、課外活動として学科や先生が発信するさまざまなプロジェクトに携わることができます。私は2年次に「ネイロイロ」という映像メディア学科生による有志の団体に参加。代々引き継がれている劇団の記録映像制作を通して、形のない感情や雰囲気をも表現する映像撮影の面白さに心を奪われました。この時にできた演劇界とのネットワークを活かし、その後も演劇をはじめとしたさまざまなライブ作品を制作。一方、授業では3年次から映画のゼミナールに所属し、フレームの切り方、カットの流れなど、計算し尽くされた映像表現のスキルを磨きました。卒業後は、日本の映像制作をリードする(株)東通で、演劇やスポーツなどのライブの臨場感を伝えるとともに、見る人に感動を届ける映像カメラマンとして活躍するのが目標です。