就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2017年2月末現在の情報です。

入学以来、写真や映像、サウンドなどさまざまな領域に触れることができました。興味が広がる一方、ゼミナールで専門を一つに絞るのが難しくもあり、どの領域ともかかわりがあるインスタレーション領域を選択しました。日常のあらゆるモノをヒントに表現の幅を広げていこうと模索する日々。普段何げなく目にするモノも、ちょっとした視点の変化で予想外の楽しさにつながることも発見しました。例えば、卒業制作展ではマネキンの頭に鏡を貼りつけて吊るした「ミラーボーズ」を制作。試行錯誤しながらブラッシュアップしていく過程で、センスや技術を磨けたと思います。またゼミナールでは、見た目のインパクトだけでなく、その作品がなぜ面白いのかをじっくりと考え、繰り返しプレゼンテーションを行ってきたため、ロジカルな思考力も鍛えられました。新たな魅力を発見する視点や発想力を糧に、卒業後は博報堂プロダクツでグッズやノベルティの企画制作に携わっていきます。