就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2015年2月末現在の情報です。

成り立ちや構造、生産工程など
生地から理解することでデザインの幅が広がりました。

高校時代からファッション業界で働きたいと考えていました。この大学を選んだのは、幅広い分野を学んだうえで将来の進路を決めたいと思ったからです。高校でもファッションを学んできたので制作の基礎技術は持っていましたが、染色や生地、テキスタイルなど新しい知識を吸収するたびにデザインの幅が広がり、これを活かして今までと違う作品をつくりたいと意欲が湧きました。3年次に応募した「倉敷ファッションコンテスト」では、ハギレを活用した作品が奨励特別賞を受賞。服をつくるうえでセンスはもちろん必要ですが、それだけでは不十分です。コンセプトを的確に表現するためには素材の知識も必要だと知りました。デザイナーとして就職するクロスプラスでは、営業職やデザイナー職が同じ部署で企画する「DIV.制度」があります。生地やデザインの流行、消費者が使うシーンなど、さまざまな目線を製品に反映できる点に魅力を感じています。