就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2018年2月末現在の情報です。

ファッションのなかでも特に素材に興味があり、染色・テキスタイル分野を軸に学びを深めました。2年次には友禅染めのファッションショーに立候補して参加したほか、ゼミナールでは染めから手掛けるオリジナルブランドを仲間と立ち上げ、知人のショップで製品を販売。ただ自分がつくりたいものを形にするのではなく、相手に求められるテーマや流行、消費者動向などを考慮し、ビジネスとして成立するテキスタイルデザインのあり方を学びました。こうした経験を糧に、就職先は職種にこだわって探すことに。数少ない募集チャンスを逃さないよう、キャリアサポートセンターに通って情報や助言をもらい、テキスタイルデザイナーとして採用が決まりました。入社後は、デザイナーのイメージを超える素材を企画・提案し、着る人の気分を明るくする服を生み出したいです。