就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2018年2月末現在の情報です。

2年次に初めて受けたWebデザインの授業で、自分のポートフォリオサイトをつくりました。Webデザインは、少しでもプログラミングを間違えると上手く組み上がらない難しさがある反面、キャラクターに動作を加えたり、ボタンを点滅させるなど、表現の幅を大きく広げることができます。その魅力に夢中になり、3年次のコンタクト展には、キャラクターからオリジナルでデザインしたTシャツの販売サイトを制作し、出品しました。来場したWeb業界の方に「ここまでできるならプロとしてやっていけるよ」と声を掛けてもらった時は本当にうれしかったです。就職活動も職種をWebデザインに絞った結果、企画からコーディングまでの総合的なスキルが認められ、Webデザイナーとしての一歩を踏み出せることになりました。今後もWebだからこそできる新しい表現や仕組みを模索し、常に自分をバージョンアップさせていきたいです。