就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2018年2月末現在の情報です。

入学当初はグラフィックデザインに興味があり、表現スキルと発想力を鍛えました。しかし、その後デジタルアニメーションを制作した時、1枚1枚完成された画が連続することで形成される映像の世界に惹き込まれたのです。そして3年次には大手企業でCM制作を手掛けた先生からさまざまな作品の意図や表現の巧みさを学び、これしかないと確信。その場で「CMなどの広告の世界で生きていきたい」と伝え、ゼミナールでの活動や自主制作をサポートしてもらいました。就職活動でも「広告映像」を軸とし、より大きな案件に挑戦できる東京の制作会社にアプローチ。面接では、デザイン学科で培った視覚的な構築力(構図や色彩)と、伝える力(企画力や構成力)を作品とともに冊子にまとめ、アピールしました。就職後は、何となくTVをつけていた人も思わず見入ってしまう、そんなCMをつくることが目標です。