卒業生の声

※掲載内容は2014年2月現在の情報です。

いつも笑顔の私がいて、
気軽に生徒が出入りする保健室をつくりたい。

身近な存在だと思ってもらえるように、保健室から積極的に情報発信を行っています。

ケガや体調不良のために毎日20人近くの生徒が保健室を訪れます。受験を控えた3年生の中にはナイーブな相談内容もあるため、保健室や私自身が親しみやすい雰囲気であることも重要です。なかには私一人で解決できないケースもありますが、事前に生徒の了解を得てから担任や保護者に報告し、協力しながら生徒を支えています。また、保健室を身近に感じてもらえるように情報発信も頻繁に行っています。例えば全校集会では保健室と保健委員が中心となって劇を発表。命をテーマにした内容をオリジナルのシナリオで伝えました。さらに、読みやすいように手書きにこだわった保健だよりでは、ありきたりな内容ではなく、日頃生徒から受ける質問を参考にしながら毎回授業内容を選んでいます。赴任当初は生徒との距離も感じましたが、こうした日常的な取り組みや修学旅行などへの同行を重ねるうちに自然と近しい関係に。生徒からも、話しやすいお姉さんのような存在だと思ってもらえているようです。

現場を想定した数々の学びは、
やはり現場で役立つことばかりでした。

劇や保健だよりのアイデアは、大学での学びがベースになっています。掲示物をつくったり大勢の前で模擬授業を行ったり、現場に即した授業・実習を多く経験したことで、子どもの目線からわかりやすく情報を伝えられるスキルが身につきました。また、現場経験豊富な元養護教諭の教員から当時の具体的なエピソードを聞き、子どもへの共感が信頼関係を築くうえで重要であることを知りました。これは生徒の気持ちを第一に考えて対応している今の私の基本的な姿勢にもつながっています。絶対に養護教諭になると信じて、採用試験対策を何よりも優先した学生生活。先生方や同じ道をめざす仲間、あるいはキャリアサポートセンターのスタッフの支えがあったからこそ、高いモチベーションを保ったまま勉強に集中できたのだと思います。今後も、常に笑顔を絶やさずに生徒を受け入れ、心身の両面からサポートできる養護教諭をめざしていきたいと思っています。