就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2017年2月末現在の情報です。

「養護教諭は子どもの命と人生を預かっているのよ」。小学校での実習を前に行われた事前指導の授業。元養護教諭の教員からは、実習の内容だけでなく、自覚や心構えも教わりました。そして臨んだ実習では、保健室での手当てや、手洗いの授業を和やかに行うとともに、子どもが誰かを傷つける行為をした時には、きちんと叱るよう心掛けました。最初は上手くできませんでしたが、現場の先生を参考にすると、少しずつ叱るタイミングや叱り方が分かるようになり、子どもたちの見る目も「優しいお姉さん」から「保健室の先生」に変わったのがわかりました。この体験を通して養護教諭になる覚悟ができ、採用試験は毎年家族で訪れている、私の第2の故郷・北海道を受験することに。週1~2回、仲間と集まって集団討論や面接の練習に励んだことがいい結果につながりました。卒業後は自然豊かな北海道で、子どもたち一人ひとりが自分らしく、のびのびと成長できる環境をつくっていきたいです。