就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2016年2月末現在の情報です。


看護や医療など養護教諭にかかわる幅広い領域を学べる点に魅力を感じ、名古屋学芸大学に入学しました。教員から教育現場のリアルな話を聞くにつれ、「養護教諭は保健室で待機している」というイメージが覆りました。ケガや病気を防ぐためには、積極的に子どもへ働きかける必要があるのです。教壇に立つことを想定しながら、掲示物の見せ方、指導案の作成方法なども基礎から学びました。また「救急処置」の実習では子どもへの対応力を養いました。声をかけながら処置することでケガや病気への不安を払拭できるのだと知りました。採用面接では、4年間で学んだ内容について自信をもってアピール。養護教諭に必要な知識と総合的な実践力が評価され、愛知県から内定をいただきました。