就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2018年2月末現在の情報です。

中学時代、保健室登校になってしまった友達を支える保健室の先生に憧れて、養護教諭コースに入学しました。経験豊かな先生方からは現場に即した知識を学び、小学校での養護実習では年齢や性格に合わせた授業やカウンセリングを行いました。実習中は養護教諭不在時の児童のケガなど、不測の事態もありましたが、周りの先生方と協力し、冷静に対処することができました。また、課外活動では1年次から青年赤十字奉仕団のサークルに所属。さまざまなボランティア活動に励み、養護のスキルとコミュニケーション力を高めました。採用試験に向けては、同じ愛知県をめざす仲間とチームを結成。3年次末頃からはほぼ毎日、先生方の協力もいただきながら筆記対策や面接練習を行い、夢を叶えることができました。卒業後は子どもたちを見守る、桜の木のような強く優しい養護教諭をめざします。