就職者の声

※掲載内容は在学時に取材した2016年2月末現在の情報です。


学内にある子どもケアセンターは、地域に開かれた子育て支援の場。私は1年次からボランティアとして活動に参加し、年齢も個性もさまざまな子どもたちと接しました。最初は泣いている子をあやすことさえ苦労しましたが、授業で学ぶ知識や、専属保育士のアドバイスを実践すると、次第に子どもたちを楽しませるコツがつかめるように。その甲斐あって、保育園、幼稚園での現場実習は余裕を持ってのぞめ、自分にはどんな職場が合っているのかを考えながら指導することができました。その結果、私が選んだのは、園児一人ひとりの個性を尊重した遊びや活動を展開する名古屋市立幼稚園。就職後は、子どもの自主性を大切に、臨機応変な対応をしていきたいと思います。