全校生徒の「こころ」と「からだ」を守る!? 「保健室の先生」の魅力に迫る!

SPECIAL MOVIE 保健室の先生ってどんな魅力があるんだろう?

PLAY

魅力1.全校生徒を元気に!

例えば小学校であればクラス担任の先生は約30人の子どもたちを担当します。では保健室の先生の担当は…ケガをして訪れる…10人くらい?いいえ、目の前にいる子どもだけではありません。ケガや病気の処置はもちろん、健康観察や衛生管理、保健指導を通じて「全校生徒の元気」を支えています。

魅力2.「医療」や「看護」のプロとして!

「医療」や「看護」の専門知識・スキルを用いた対応は、学校内では唯一保健室の先生だけができること。ときには校長先生や教頭先生も判断を委ねるほど、信頼されている存在です。いざというときには学校と病院をスムーズに連携させ、子どもの命をしっかりと守ります。

魅力3.「こころ」も「からだ」もケア!

「先生」と聞くと勉強を教える仕事だというイメージが強くありますが、保健室の先生は基本的に勉強を教えません。ケガや病気の対応といった「からだ」のケア、そして近年では友人関係や家庭環境などの悩みを抱える子どもも多いため、「こころ」の側面からのケアも重要な仕事のひとつになっています。

PAGETOPへ

資料請求はこちら

受験生サイトTOPへ