子どもケアセンター

学内に保育・教育の現場「子どもケアセンター」をつくりました。

将来、保育・教育の現場で活躍するためには、専門的な知識を身につけ、子どもを深く理解することはもちろんですが、学生時代から実践経験を積んでおくことが何よりも大切です。そこで子どもケア学科では、日常的に実践経験を積めるよう、学内に保育・教育の現場である「子どもケアセンター(学内併設付属機関)」をつくりました。

学生と子どもケアセンターのかかわり方

  • 託児ボランティアに参加

    保護者の方々が勉強会などに参加している間、
    学生は託児ボランティアとして
    子どもをお預かりします。

  • イベント企画・運営

    学生が中心となって企画・運営する、
    地域の親子を招いたイベントを
    定期的に開催しています。

  • 演習科目での活用

    特定の演習科目では、
    日常的に地域の親子が訪れる環境を活かし、
    実践力向上に活用します。

子どもケアセンターを中心としたネットワークについて

「子ども」「保護者」との関係づくりを中心に、地域社会を含めた広い視野で子どもをケアする力を磨きます。

子どもケアセンター = 地域に密着した子育て支援ネットワークの拠点

他大学にはない強み

子どもだけでなく保護者と対面で接することができます。 学外実習参加前から、日常的に子どもと触れ合えます。 地域全体で子どもを支えていく「社会福祉」の観点から子どもケアを学べます。 子どもの成長を長期的・継続的に観察できます。 直接的な触れ合いから、子どもや保護者の心理を学べます。 イベントの企画・運営を通して大勢の親子に対応する力が身につきます。 センター専属の保育士からプロのノウハウを教わることができます。

受験生サイトTOP